脱毛サロンには、何の準備もせず、そのまま体一つで行けると思っていました、と言う女性が多いようです。
初めてサロンに行くとカウンセリングを受けますが、脱毛する前に、自分で少しのお手入れが必要ですと、アドバイスされます。

脱毛する前の、お手入れって?何をすれば良いのでしょう。
そこで、サロンに行く前の事前処理、どの部分をどうやって、どれくらいの範囲を処理したら良いかをお教えしましょう。

どうして必要なのでしょう、サロンに行く前の事前処理

一般的にサロンで行われる脱毛は、黒い色に反応する光を照射し熱を当てる方法です。
長い毛が生えていると、その光が全ての黒い毛に熱エネルギーを放射してしまうことにより、肌にトラブルが発生するだけでなく痛みや最悪の場合、火傷の危険性が出て来ると言えます。
そういう理由から、脱毛前の毛の処理は、とても大切なポイントとなります。

事前処理をしてくれる脱毛サロンは、あるのでしょうか。

最近の脱毛サロンは、ほとんど自分での事前処理をお願いしている所が多いと言えるでしょう。
エミュゼエクスプレスが好評です。
museeplatirum-af.com

どのくらいの期間、何ミリくらいに良いの?

多くの女性が脱毛サロンの門を叩く時のお悩みは、わき毛、顔、腕や足のムダ毛そして、VIOと言う事になります。
もちろん、人によっては、背中や胸の部位もあるかと思います。
脱毛サロンに行く前の事前処理に、良く使用されるのは、カミソリや電気シェイバーなどです。

やはり思わぬ切り傷などを付けない為には、カミソリに慣れている人をのぞき、電気シェイバーを使うのが得策でしょう。
基本的に、何ミリぐらいと言う事はなく、処理をした後、肌に黒い点々となっているのが一番のベスト状態です。

それでも、脱毛は、剃ってはいけなかったのでは?

安心してください、毛が生えるたびに何度も剃る自分流の脱毛方法と違って、脱毛するために行う、何か月毎の事前のお手入れとなるからです。

初めてデリケートゾーンの処理の仕方は、落ち着いて集中する

Vラインのお手入れ方法は、最初に自分の好きなデザインを決めます。
その形によって、サロンでの残したり剃ったりするポイントが変わって来るからです。

安全のため、先の丸いハサミで長い毛をカットしていきます。
立ち上がって鏡を見ながら全体のバランスを確認しましょう。
自分の体のお手入れなのですから、何も恥かしい事はありません。

IとOラインは、Vラインよりも細かい部分になるので、さらに集中します。
ハサミでカットした後は、どの部分も剃ることになりますが、小さな鏡を使いながらやってみましょう。
慣れてくれば、脱毛サロンに行く当日でさえ、時間をかけずに出来てしまうでしょう。

意外に簡単な顔の事前処理

どんなに毛深い女性だとしても、男性と同じように口の周りに、ゴワゴワと生えている濃いヒゲではありません。
それでも、脱毛に行く女性達は、鼻の下、口周り、又は顔全体の毛深さが気になるわけですから、ここをしっかり前処理します。

顔用シェーバーや、カミソリを使ったりしますが、鏡を見ながら、ゆっくり剃って行きます。
最後に化粧水、乳液などで、肌を整えることも忘れないようにしましょう。

どんな時に脱毛は出来ないのでしょう。

脱毛と言うのは、自然に生えている毛を光、レーザーを使って処理する事で、細心の注意が必要であることは言うまでもありません。
お酒は飲んでいないか、日焼けしていないか、吹き出物やニキビなど皮膚に炎症が起きていないか、妊娠していないか?などです。
そういうリスクをともなっての脱毛は、良心的なサロンは絶対に無理して行ったりは、しないのです。

まとめ

今は、お肌の美容エステと共に、脱毛サロンと言う場所が、女性達の間では、知らない人がいない程、浸透しています。
脱毛を身だしなみのお手入れとして始める方、毛深いことがコンプレックスで、長い間、悩んでいた人、どんな理由であっても、脱毛をする事によって笑顔の毎日が送れたら、こんなに幸せな事はないでしょう。

カウンセリングの時、または、サロンに入って雰囲気が自分には合わない、と感じたら、遠慮せずに席を立ちましょう。
焦ってサロンを決めてはいけません。
自分のここだと思ったサロンを選んで、しっかりムダ毛のお手入れをすることにしましょう。