スキンケアのスペシャルアイテムとして嬉しい美容液。
基礎化粧品の中では効果が高いものであれば、嬉しいですね。

でも。美容液をなんとなくで使ってませんか?
肌に栄養をあたえるということでは美容液を使うことで
肌のアンチエイジングの手助けとなるのがほとんどです。

お肌に重要なことは美容液をしっかり浸透させることです。
そんな美容液も使い方を間違えればただの水になってしまい、
もったいないことになってしまいます。

ちゃんと使えばきちんと効果は出てくるので、
正しい使い方で美容液を使いましょう。

【化粧水をたっぷりと使ってから】

まず、乾いた肌に美容液を塗りこんでも意味はありません。
なぜなら、角質層がブロックしているので、お肌に浸透するはずがないからです。
まず美容液ぬるまえには、たっぷりの化粧水をお肌にぬりこむことです。
角質をやわらかくすることによって、美容液が染み込みやすくなります。

【冷えた肌でぬらない】

冷えた肌は毛穴が引き締まっているので、化粧水も美容液も
うまく浸透してくれません。そこで、蒸しタオルやスチームパックを使って
肌の温度をほんのり上げることによって、浸透力がグンとアップするのです。

【肌荒れしているときは塗らない】

肌が荒れている状態は角質層のバリアが壊れている状態。
なので、美容液を塗りこんでも治りはしません。逆に負担になってしまうので、シンプルなスキンケアを心がけましょう。

人気のおすすめ美容液ランキングはこちらから。
あなたのお気に入りを見つけてください。